【タープ泊のマット】には「SAVOTTA」がお勧め

SAVOTTAマット
SNSフォローボタン

こんにちはTakaです

このブログは私自身が2015年から行ってきた累計284泊のキャンプの経験を用いた視点、実体験をもとに、「ギア紹介」「キャンプ場紹介」「アウトドア日記」などをご紹介する内容になっております

ご案内する内容が皆様のアウトドアライフの参考になりましたら幸いです

【タープ泊のマット】には「SAVOTTA」がお勧め

タープ泊用マット選びで悩んでいる方は【SAVOTTA】のマットがおすすめ

みなさんはタープ泊をされますか?

イスに座ってリラックスキャンプもいいですが、

地べたに座り焚火と対峙しながら愉しむのもいいものです

装備がコンパクトになりますし、全てをバックパックに入れてキャンプするのも楽しいですね

そんなタープ泊をする際に必要なアイテムに【キャンピングマット】があります

・これからタープ泊始められる方

・グランドシートとマットがつながっているギアをお探しの方

・野営風のキャンプをされたい方

・バックパック野営をされる方

今回は上記のような方に自信を持っておすすめする

私が愛用しているタープ泊におすすめのマット

【SAVOTTAスリーピングパッド】のご紹介をさせて頂きます

タープ泊用のタープのコンテンツを下記に記載します

一般的なタープ泊時のマットの構成

①ベースのシート

テントの下にグランドシートを敷くように、タープ泊の時もまずはベースにシートを敷きます

始めの頃はamazonで¥2000くらいのモノを好みの大きさに切って縫って使っていました

要は地面からの水分を防げれば良いので安価なモノでも十分になります

②緩衝マット

次にシートの上に地面との緩衝や断熱の効果があるモノを敷きます

テント泊でいうところの寝袋の下に敷くマットをイメージしてみて下さい

ただ、タープ泊(地べた)だと常にマットの上で過ごす事が多くなる為にマットでの座り心地や寝心地が非常に大切になってきます

私が以前グランドシートの上に敷いて使っていたモノを下記に記します

  • 薄い寝袋
  • キャプテンスタックの安いマット
  • サーマレストのマット
  • ウールブランケット

当時の私も色々試してみましたが、

  1. 仕舞い性
  2. 見た目
  3. 機能性
  4. 快適性

上記の点で私が納得するシステムではありませんでした、、

(※エアーマットはパンクのリスクがあるので私の中では選択に入りませんでした)

スポンサーリンク

そこで【SAVOTTA】のマットに出会いました

この見た目の質感、、

伝わりますでしょうか?

とても無骨でアーミーな質感

サイズ:190cm×100cm(スカート含む)185cm×49cm(パット部)

仕舞サイズ:50cm×Φ22cm

重量:960g

素材:210D ポリエステル (PU)他

このマットの一番の特徴は、グランドシートとマットがつながっている所です

グランドシートなしでこれ1つで完結してしまいます

使用後もサイドのスカート部分を内側に折り込んので畳むのでパット部分も汚れづらく仕舞えます

また、このパットが厚み12mmの割に寝心地も良く表面の質感もイイ感じなんです

実際フィンランド軍で使用しているものなので実戦的、実用的な製品になります

見た目も適度にミリタリーな感じ

先ほどあげた「仕舞性」「見た目」「機能性」の点でも私は合格でした

バックパックに付けた様もカッコいいですよね

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 203-1024x768.jpg
スポンサーリンク

まとめ

今回は私が愛用しているギア【SAVOTTA】のマットのご紹介コンテンツでした

・これからタープ泊を始められる方

・グランドシートとマットがつながっているギアをお探しの方

・野営風のキャンプをされたい方

・バックパック野営をされる方

このマットがあれば一枚で上記のマット事情を解決してくれます

ブッシュクラフトの本場、北欧のメーカーが作った軍隊仕様のマット

タープでのキャンピングには【SAVOTTA マット】をおすすめします