軍手が冬キャンプで使える【ブッシュクラフター手袋】になる話

ブッシュクラフター手袋
SNSフォローボタン

こんにちはTakaです

このブログは私自身が2015年から行ってきた累計282泊のキャンプの経験を用いた視点、実体験をもとに、「ギア紹介」「キャンプ場紹介」「アウトドア日記」などをご紹介する内容になっております

ご案内する内容が皆様のアウトドアライフの参考になりましたら幸いです

軍手が冬キャンプで使える【ブッシュクラフター手袋】になる話

軍手がブッシュクラフターさながらの指なし手袋になる

皆さんはキャンプの際に【手袋】は使われていますか?

手袋にも様々な用途がありますね

  1. 汚れから防ぐ為の手袋
  2. 刃物などを扱う際に怪我の予防の為の手袋
  3. 寒さから守る為の手袋

キャンプでの手袋の役割はこんな感じでしょうか?

「1」と「2」に対しての用途で私が愛用しているグローブのコンテンツを下記に記載します

改めて今回は「3.寒さから守る為の手袋」の用途に対して、

私が実践している【軍手】をカスタムしたコスパ最高の冬キャンプ仕様の手袋のご紹介していきたいと思います

使用する軍手は

まずは扱う軍手の紹介を致します

はい、、、

「結論どの軍手でも大丈夫です!」

しいていえば、真っ白のよりも下の商品のような若干暗い色味のモノを選んだ方がカッコいいかもしれません

オリジナル手袋の製作手順

次はオリジナル軍手の製作手順をご紹介いたします

はい、、、

「結論、軍手の指先を切るだけです!」

簡単で、どなたでも実践できるカスタムだと思います

私の目安としては

「親指は第一関節付近」

「人差し指~小指は第二関節付近」を切断するといいかもしれません

ちなみに、ほとんどの軍手は指先部分を切断してもほつれてきません

ちなみにこちらの手袋は作成後20泊程のキャンプで使用していますので、

いい加減に新しい手袋に交換したいと思います、、

この手袋の効果

私は冬キャンプでは、ほぼこの手袋を付けたままで過ごしています

これを装着することによるメリットを下記に記載します

  • 静脈が通っている手首を温めることによって体温の保温ができる
  • 指先が出ているのでロープワークなどの細かな作業はそのまま可能
  • 焚き火をした時に手にしみこむ匂いも低減できる
  • 洗濯機で洗える
  • 軍手1組は¥100程なのでコスパがいい

寒さ対策の例えで「首がつく所を温めなさい」という話があります

人体の中でも手先は表面積広く、手首の内側には太い静脈があります

一度この手袋を導入すれば素手に比べて非常に暖かく快適に過ごせる為、

手袋なしでの冬キャンプは考えられなくなります

装着写真で説明

指先は出ているので細かい作業に影響がでないのは勿論ですが、

気分は北欧のブッシュクラフターになれます!

ナイフを扱う時にも指先の感覚の低下がありません

フェザースティックなどを作る際にも影響が出ずらく快適に作業ができます

まとめ

今回は軍手をカスタムした【指なし手袋】のご紹介でした

これを導入したきっかけはキャンプ仲間からの勧めだったのですが、私の中でこの手袋が無い冬キャンプは考えられない程、快適な手袋に仕上がっております

私自身、スキレットなどの熱いモノをつかむ場合も含めて、この手袋と鍋つかみ用の革布で完結してしまうスタイルに行きついてしまったせいもあり、キャンプインからアウトまで手袋をつけっぱなしだった事も何度かありましたw

  • 寒空の下ポケットに手を突っ込んで過ごしているキャンパーの方
  • 手袋の脱着が面倒に感じられれている方
  • 革手袋って意外と使わない?と思いはじめた方

上記の方には軍手をカスタマイズした【指だし手袋】の導入をお勧めいたします