【HILLEBERG Atlasアトラス】が最強で最高な話

HILLEBERG ATLAS
SNSフォローボタン

こんにちはTakaです

このブログは私自身が2015年から行ってきた累計279泊のキャンプの経験を用いた視点、実体験をもとに、「ギア紹介」「キャンプ場紹介」「アウトドア日記」などをご紹介する内容になっております

ご案内する内容が皆様のアウトドアライフの参考になりましたら幸いです

【HILLEBERG Atlasアトラス】が最強で最高な話

エクストリームなグループテント【アトラス】

みなさんは大きなシェルターやグループテントをお持ちですか?

数あるグループテントの中でも

  • 「強度」
  • 「耐風」
  • 「設営」

この3点のパラメーターが高いテントはそれほど多くはありません

今回はそんなグループテントの中でも高いポテンシャルを持ち合わせた、

【HILLEBERG ATLAS】の紹介をしていきたいと思います。

私が大好きなアウトドアメーカーHILLEBERG

HILLEBERG(ヒルバーグ)はスウェーデンのアウトドアメーカーです

全部で5つのレーベルに分かれていて

総数はおおよそ52アイテムにもなります(インナーテントは除く2020年9月時点)

アトラスのスペック

アトラスの寸法を下記に記載します

アトラス

出典:ヒルバーグ公式HP

アトラスはヒルバーグのテント郡の中でも数少ないグーループテントです

  1. 非常に強度がある事
  2. 比較的軽い事
  3. 設営が簡単な事

上記を満たす大型グループテントはテントメーカーを見渡しても多くはありません

しかし、アトラスは上記3点の特徴を全て満たすテントになっています

アトラス購入に至るまで

アトラスは自立型のシェルターとしては比較的に大きい部類に入ります

天候やグランドコンディションが悪い時、そういった状況下での非自立テントの選択は一歩間違うとテントの倒壊に直結してしまいますし、どうしてもリスクが発生してしまいます

そこでコンディションに左右されずらく、雪の上でも立てられる大型自立テントのニーズが当時の私の中に生まれていました

ちなみに、私が始めて購入したヒルバーグのテントは「NALL04GT」でした

「NALLO4GT」を使っていくにつれて、

その丁寧な造り、

間違いないマテリアル、

「NALLO4GT」の使用を通してヒルバーグというメーカーに対しての信頼はとても強いものになっていました

少しの時間、金銭感覚を壊してみる

結論、私は2017年に「ATLAS」を購入したのですが、

その年は年間60泊ペースでキャンプをしており、

もはや当時の私にとって「キャンプ」は「ライフワーク」になっている状況でした

たかが趣味、、

されど趣味、、

使いたい道具を使わないで過ごす日々、、

使いたい道具を使って過ごす日々、、

最終的には家族の賛同が得られた事が大きかったですが、

私はアトラスの購入に踏み切る事ができました

本体:¥412500(税込)

ベスタビュール(前室を拡張パーツ):¥83600(税込)

価格の方も非常にハイスペックになっております、、

アトラスを使ってみて感じた事

アトラスを始めて設営してみて感じたことは、設営が非常に簡単だった事です

テントサイズに対してのポールの本数(5本)から考えると非常に設営が簡単になるように作られています

以前「ヒルバーグのテントはシビアなコンディションでグローブなどをした状態でも設営が容易にできるように作ってある」という話を聞いた事がありましたが、

まさしくそう感じました

スノーピークの「トルテュPRO」という2ルームテントも所有していましたが、

それと比べると設営の負荷は1/3以下に感じる程です(下の写真がトルテュPROです)

また、ポールのフレームワークが素晴らしく特に前後から両手で押してもびくともしない程の剛性があります

テント内のスペースとしては、側面が立ち上がっているので大人8人で籠っても広々使える程テント内は広々使え思い描いていたテントだとつくづく感じさせられました

ベスタビュールはおすすめします

言い方悪いですが「ぼったくり」とも思えるような価格設定(税込¥83600)のベスタビュールですが使ってみるとこれがあってこそのアトラスだとすら思ってしまうほどです

アトラスを購入される方はベスタビュールも一緒に購入されるのをお勧めします

写真は左がなし、右がありの比較です

これがあると雨天時の雨の吹き込みが大分軽減され室内の有効スペースがとても広く使えるようになります

横から見ると解りやすいと思います

見た目もかっこよくなります

インナーテント問題

アトラスのインナーテントは

6人用:¥176000(税込)

8人用:¥195800(税込)

と、インナーテントだけでブラックレーベルのテントが買えるような値段設定になっております、、

さすがにインナーまでは純正は費用対効果を感じれなかった私は

すでに所有しているモノで代替してみました

私のインナーテント代替案

下記に私が行ったインナーテントを記載いたします

「スノーピークのアメニティードームS」のインナーテント

息子と2人でのキャンピングでの使用でしたが、

インナーテントのサイド部分がデットスペースになりイマイチでした

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: IMG_7599-1-1024x1024.jpg

「スノーピークトルテュPro」のインナーテント

トルテュのインナーはパラコードを追加して吊り下げましたがハーフくらいまでで使え調子良かったです

こちらは家族4人の時に大活躍しました

しかしフロアーの半分ほどまでインナーテントが占有してしまうために

インナーの大きさと前室の広さのバランスが悪く感じていました

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: IMG_7206-1-1024x1024.jpg

最終的にたどり着いたのは「NALLO4」のインナー

そして「NALLO4GT」のインナーにたどり着きました

装着写真はありませんが、ベスタビュール部分に

ちょうどいいサイズでフィットします

イエローの純正カラーはしっくりきます

私の使い方

シェルターとしてはもちろん最高のテントになります

個人的にアウトフレームのデザインが好みです

広々使う「ソロ幕」でのお篭りキャンプもよく行います

石油ストーブでもイイですが、薪ストーブ入れてテント内で暖炉のように使うのもいいですね

ちなみに煙突は自作の幕除けを使い通気ポートから出しています

アトラスは雪中キャンプでのキャンピングも快適なものにしてくれます

テント上部にベンチレーションがある為、換気も快適に行うことができ、

ストーブを使用した際に発生する一酸化炭素も抜けやすい作りになっています

(※テント内でストーブを使用の際には自己責任でご利用下さい)

まとめ

今回は私が愛用している【HILLEBERG ATLAS】の紹介コンテンツでした

良いテントなのは解っているけれど購入に踏み切れないのがアトラス、、

私自身購入してから3年程使用していますが、

「買って良かった」と今でも実感しています

むしろあの時に購入していなかったら、

常に頭の中にアトラスがよぎった状況でキャンプをしていたかもしれません、、

私のモットーは「Life is short」です

使いたいギアを使って過ごすキャンプ、、

休日をどう過ごすか、、

人生をどう過ごすか、、

人生一度っきり、、

私が言えることは「ヒルバーグのアトラスは最強で最高のテント」だという事です

このコンテンツが皆様のアトラス購入に際しての参考になりましたら幸いです

  1. […] […]

  2. […] 今回はHILLEBERGのシェルター「ATLAS(アトラス)」をチョイス […]