【最強のソフトクーラーボックス】「AOクーラー」の紹介

AOクーラー
SNSフォローボタン

こんにちはTakaです

このブログは私自身が2015年から行ってきた累計282泊のキャンプの経験を用いた視点、実体験をもとに、「ギア紹介」「キャンプ場紹介」「アウトドア日記」などをご紹介する内容になっております

ご案内する内容が皆様のアウトドアライフの参考になりましたら幸いです

【最強のソフトクーラーボックス】「AOクーラー」の紹介

ソフトクーラー選びで悩んでいたら【AOクーラー】で決まり

アウトドアで冷たい飲み物や食材の保冷に無くてはならない「クーラーボックス」ですが、

皆さんはどのようなクーラーボックスを使われているでしょうか?

クーラーボックスは大きく分けて「ハードタイプ」と「ソフトタイプ」に分けられます

ハードタイプでお勧めの【YETIクーラー】のコンテンツを下記に記載します

確かに保冷力の面ではハードクーラーは間違いないのですが

「バックパックキャンプ」「バイクキャンプ」ではその大きさは選択肢に入りません、、

そんなミニマルな装備の場合、私は「ソフトクーラー」を選びます

また、ファミリーキャンプなどの食料、飲み物を多く持ち込むような用途では

ハードクーラーとソフトクーラーを合わせると使い勝手が格段に良くなります

今回は私が愛用している、最強のソフトクーラー【AOクーラー】の紹介をしていきたいと思います

スポンサーリンク

【AOクーラー】とは?

1990年に『American Outdoors Coolers』という名称にてアメリカで販売をスタートさせました。
販売当初は食肉産業や水産業などの業界向けクーラーとして販売を開始。
その優れた性能がアウトドアユーザーに受け入れられ、
世界規模のクーラーメーカーへと成長し、今もなお進化を続けています。

【特徴】

ソフトクーラー界の中では最強クラスの保冷力
軽量なのでデイキャンプなどにも持ち出しやすい
断熱がしっかりしているので結露しない構造
縫い目のないインナー構造なので中も水洗いができます

【断熱保冷を極めた5層構造】

1層:耐久性に優れた生地
2層:軽量。防湿のためのポリエチレンフィルム製
3層:厚み19mmの高密度ポリエチレンフォーム
4層:ポリエステルの紡糸シート
5層:高品質ビニールライナー

約20mmの断熱層を中核とする5層構造がハードクーラー顔負けの保冷力を発揮します

AOクーラーの人気モデルを紹介

6パック

夏場のバックパックキャンプやバイクキャンプの時には【6パック】を使用しています

容量としては350ml缶が6本入り、その上に若干スペースが残る感じです

350ml缶を3本に氷と食材入れて使用する事が多いです

スポンサーリンク

12パック

「ソロでのゆるキャン」や「ファミリーデイキャンプ」では【12パック】を使っています

上記は12パックの【デラックス】というタイプでノーマルに比べてサイドに広めのポケットが付きます

(※サイドポケット部分は断熱性はありません)

350ml缶を12本入れると保冷剤のスペースが無くなるサイズ感です

2Lのペットボトルは横にギリギリ入ります

ファミリーキャンプでは子供達用の飲み物(2Lのペットボトル)の保冷に役立っています

24パック

私は所有していませんが、【24パック】入る容量があります

個人的にはこのサイズはファミリーキャンプで活躍しそうですね

スポンサーリンク

私の使用シーン

6パック

こちらは30L程のバックパックですが中にスッポリ入っています

下は私が愛用しているバックパック【savottaのjaakari-m】のコンテンツになります

AOクーラーは夏場のキャンプツーリングの際には無くてはならないギアになっています

炎天下の中、1日中バイクで走った夜にでもキンキンのビールが飲めました♪

12パック

下はソロのオートキャンプでの2泊した時の写真ですが、常温の食材入れとして使用していました

「ハンターシリーズ」の【モッシーオークカラー】は自然に溶け込むカラーになっています

軍幕に合わせてもこのカラーはマッチしますね

私が愛用している「USパップテント」のコンテンツはこちらへ

スポンサーリンク

まとめ

今回は最強のソフトクーラーとも称される【AOクーラー】の紹介でした

様々なソフトクーラーがありますが

ハードクーラーに匹敵する保冷性能がこのクーラーの一番の魅力となっています

ハードクーラーだけでもいいのですが、

ファミリーキャンプのような大人数での使用を想定すると、

ハードクーラーに+αしてあげると使い勝手がとても上がって

クーラーシステムの保冷力を効率よく快適にしてくれます

・保冷力が高いソフトクーラーをお探しの方

・バックパックに入る真夏でも使えるクーラーをお探しの方

・お持ちのハードクーラーに追加して保冷システムを拡張されたい方

上記の方は【AOクーラー】の導入をお勧めいたします

  1. […] 今回は「AOクーラー」の12QTにお酒を沢山入れてきました […]

  2. […] […]