キャンプで使うクーラーボックスは【YETI】をお勧めする理由

YETIクーラー
SNSフォローボタン

こんにちはTakaです

このブログは私自身が2015年から行ってきた累計279泊のキャンプの経験を用いた視点、実体験をもとに、「ギア紹介」「キャンプ場紹介」「アウトドア日記」などをご紹介する内容になっております

ご案内する内容が皆様のアウトドアライフの参考になりましたら幸いです

キャンプで使うクーラーボックスは【YETI 】をお勧めする理由

クーラーボックス選びの近道は「YETI」で間違いないです

「クーラーボックスの中でキンキンに冷えた飲み物」

「炎天下のタープ下で冷えたビールを飲む」

こんなのもアウトドアの醍醐味ですよね

今回は私が愛用していて、初めて購入するクーラーボックスにもおすすめする

最強のクーラーボックス【YETIクーラー】の紹介をしていきたいと思います

道具選びに付きまとってくる「ギア沼」

道具選びは難しいですよね

購入時は良いと思っていた製品でも使っていくうちに不満がでてきますし、

使う前と後ではイメージと実際のギャップが少なからず出てきてしまいます

それに対してその都度ギアを買い直しをしてしまうと、とても費用がかかってしまいます、、

そう、、

俗にいう「ギアの沼」の正体はコレですよね、、

クーラーボックス選びのそれも難しい

クーラーボックスは各メーカーから様々な種類のものが販売されています

「性能」「価格」「デザイン」

私自身、キャンプ用クーラーボックスの購入の際は非常に悩んだ経験がありました

しっかり冷やせないクーラーボックスを使ってしまえば、

食材が痛んでしまいレジャーが成立しなくなりますし、

楽しみにしている炎天下での「冷えたビール」もぬるくなってしまっては楽しさも半減してしまいます

キャンプ道具の中のクーラーボックスはとても大切な立ち位置にある事が解ると思います

上記をまとめると

クーラーボックスはハイスペックである必要がある

という答えに行きつきます

そこで私がおすすめするのが「YETIクーラー」のクーラーボックスなのです

「YETI」とは

2006年にスタートしたプレミアムクーラーボックスとそのアクセサリーを開発する会社です

「A&F」が国内の正規輸入代理店となっていて下記にYETIの特徴の一部を記載します

YETIクーラーの特徴

出典:A&F

T-REXリッドラッチ

特許出願中のモールド形成されたヘビーデューティーなラバーラッチは破損しにくく、しっかりと蓋を閉め外気を遮断します。

ベアフィットノンスリップフィート

滑り止めの足はノンマーキングラバーを使用しており、荷台やボート上でも置いた場所から動き難いように設計されています。

コールドロックガスケット

蓋部をしっかり密閉し外気の侵入を最小限に抑えるガスケットは、米国のフリーザーグレードがあるゴムパッキンです。

ファットウォールデザイン

一般的な物でも1cm、ハイグレードと言われる物でも3cm程度のインスレーションを5cm厚の断熱壁を設計しました。厚さが保冷力にダイレクトに影響すると言われるクーラーボックスにおいてプレミアムな厚みです。

上記以外にも様々な技術が使われています

YETIは世界的にもハイスペックなクーラーボックスになります

序章で「クーラーボックスはハイスペックである必要がある」という結論を出しましたが、

下記に「YETIクーラーをお勧めする理由」を記します

5cmの断熱層によって保冷力が高い

熊でも壊せないほど本体自体が丈夫に作られている

消耗部品も丈夫な作りではあるが、各パーツごとに購入、交換ができる

見た目もかっこいい

一番のメリットになる保冷力ですが、断熱層と蓋のパッキンの効果で文句なしです

また、消耗部品の購入、交換ができるのもポイントが高く、長く使えるようになっています

逆にデメリット部分を下記に記します

価格が高い

本体重量が重い

比較的スタンダードなサイズの「35QT」でも¥46000(税別)します、、

商品の価格もプレミアムな価格になっています

また、本体重量も「35QT」で約9kgあります、、

商品重量もプレミアムなクーラーになっています

YETIのクーラーボックスは価格も高く、重さもあります、、

しかし、安物のクーラーボックスを買い替えるくらいであれば初めから「YETIクーラー」を購入した方が費用は安く済みますし、重さは保冷力とのトレードと考えれば後悔しないギアになると思います

私が所有するクーラーを使ってサイズ別の容量比較

「20QT」

主にソロキャンプの時に多く使っています

1泊分のお酒と食糧に丁度いいサイズ感です

(写真は350mlの缶を10本入れたものです)

「35QT」

「35QT」はソロの2泊、デュオでの一泊などの時に活躍するサイズです

ソフトクーラーと組み合わせればファミリーキャンプの1泊に

また、「20QT」と合わせればファミリーキャンプの2泊で良く使っています

(写真は350mlの缶を18本入れたものです)

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: DSC_0009-1024x678.jpg

「50QT」

「50QT」は夏場のファミリーキャンプで2泊以上でキャンプ場を2~3か所をはしごするような時に活躍します

また、BBQなどでたくさん飲み物の保冷を要する時にも使用しています

(写真は350mlの缶を18本入れたものです)

カゴを付けても350ml缶が縦に2本入ります

最後に

今回は私が愛用しているクーラーボックス【YETIクーラー】の紹介でした

「YETI」はハイスペックで長く使えるクーラーボックスです

私自身YETIのクーラーボックスを購入して良かったとも思っていますし、メーカーが存続さえしてくれれば孫の代まで使えそうな気がします

  • 今使っているクーラーボックスの保冷力に不満がある方
  • キャンプを始めるにあたってクーラーボックス選びで悩まれている方
  • 最強のクーラーを求めている方
  • ギア選びに遠回りしたくない方

上記の方には「YETI」のクーラーボックスをおすすめします

私が愛用しているソフトクーラーのコンテンツは下記になります