2020年急に山を登りを始めた話

登山を始めた話
SNSフォローボタン

こんにちはTakaです

このブログは私自身が2015年から行ってきた累計280泊のキャンプの経験を用いた視点、実体験をもとに、「ギア紹介」「キャンプ場紹介」「アウトドア日記」などをご紹介する内容になっております

ご案内する内容が皆様のアウトドアライフの参考になりましたら幸いです

2020年に急に山を登りを始めた話

山登りなんてしないと思ってました

今回は今年から始めた「山登りを始めたきっかけ」についてのお話をしたいと思います

実際、昨年の今頃までは登山なんて一切する気もなく、登山をされている方々に対しても「何が楽しいんだろ?」とすら思っていましたし、私の生涯では触れない趣味だとばかり思っていました

ただ、「2020年は新しい事にチャレンジしてみたい」とは考えていた私はいつも行っているキャンプ地でキャンプをしながら何をするかを考えていました、、

それは忘れもしない2020年1月15日のことでした、、(下は当日の写真です)

ネットからキャンプ地の近くに遊歩道があるのを知り、せっかっくなので「翌日に覗いてみよう」とだけ決心したのを覚えています

気づけば登山アプリの「YAMAP」をインストールしていました

2020年1月16日の朝

登山口はキャンプ地の入り口にあり歩いても行ける距離でしたが、サイトを早めに片付けて向かいました

到着したのは8:00頃、

1月という事もあり、昨夜からうっすら雪も2cm程積もっていました

人生初の登山開始

当時の私はバックパックに全てのキャンプ道具を詰め込んだだけの装備でキャンプをよくやっていて、当日も北欧のブッシュクラフターのようにバックパックを担いで登ろうと考えていました

重さは8kgほどはあったと思います、、

今となっては「アホ」な行為でしたねw

ちなみに服装は

インナーにユニクロのヒートテック、、

パンツはユニクロの暖パン、、

インナーの上には「綿のロンT」に「綿のパーカー」、、

極め付けにブーツは「重いダナーブーツ」、、

山登りをかじっている方なら危険を感じる服装ですね、、w

記念すべき初のトレッキング

そしていざ入山

といっても遊歩道のようなコースなので入山届はしませんでした

入山直後、、

3分後:バックパックが無駄に重い事に気づかされる、、

5分後:ヒートテックのおかげで汗だくになる、、

10分後:尾根道に出て少し感動する(下の写真)

積雪もあった為、動物(シカ?)の足跡が多数ありワイルドな感じがしました

獣道にもなってるのね

15分後:登山道を見失う、、、

はい、道を見失いました、、

  • 初めてのトレッキング、
  • 初めてのコース
  • 積雪で道が隠れてる

正面のトラバース(斜面を横切る道)がコースだと当日は思っていましたが落ち葉の上に雪が積もっていて非常に滑りやすくなっていました、、、

ノリで入山した私でしたが「こんな低山でも一歩間違うと遭難してしまう」という現実に直面しました

ここで登山道見失う

ここで私が下した判断は、、

「下山」でした、、

初めてのトレッキングで「遭難」の2文字がチラついた私は装備も含めて浅はかで危険な行為をしているのだと痛感させられました、、

結果、人生初のトレッキングは約30分で終了してしまいました、、

下記は登山アプリの「YAMAP」で記録した活動データです

山登りを始めた話

まとめ

軽い気持ちで登ってみた冬の低山コースでしたが、一歩間違えば「遭難」が身近にある事を実感し、下山時には反省や後悔などの色々な感情が生まれていました、、

しかし、今となってみれば初めてのトレッキングがうまくいかなかった事が登山に目覚めたきっかけになってくれたのだと思っています

結果、20201月16のこの日から2020年8月25日までの7か月で43座(登山では山のピーク(山頂)の数え方の単位で「座」を使います)登る結果となりました

2020年8月25日には今年の目標としていた山形県と秋田県の県境にあり「日本百名山」にもなっている「鳥海山」に登ることができました

登山を始めて改めて人生が変わりましたし、登山を通さなければ味わう事ができなかった感動も沢山感じる事ができました

登山があるアウトドアライフ、、

皆さんにもおすすめします

(2020年8月25日 鳥海山山頂にて)